店舗型保険相談の代理店の特長について

ソファーに座る家族
店舗を設置しない代わりにコストを抑えることにより、格安の商品を紹介しているネット保険に対して、従来のように実店舗を置いて保険を紹介する店舗型保険相談があります。
店舗型保険相談は保険料だけで見るとネット保険よりも若干高くなることが多いですが、近年では企業努力によってかなりコストを下げていますし、顔が見える相談窓口として今でも根強い人気があります。

 

保険を紹介している代理店

店舗型保険相談といっても色々あり、複数の会社の保険を紹介している代理店が増えてきています。
代理店では、直販型の店舗型保険相談とは異なり、色々な会社の商品を紹介していますので、これまでよりも選択肢が広がりますし、自社商品を強引に勧誘されるということもなくなったため、近年の保険に対するニーズにも適しています。
手数料無料で代理店での相談ができるというのも大きな魅力で、ライフイベントごとに見直しをしたいときに気軽に利用できます。

 

保険以外の相談はできないかも・・・

保険代理店は来店型保険ショップや乗り合い型ショップなどとも呼ばれており、提携している保険会社の商品の中で、適切なものを紹介しますので、全ての商品ではないにせよ、豊富な種類の保険から無料で自分にぴったりの保障内容を見つけてもらえます。
ただし、相談を受け付けるのは必ずしもファイナンシャルプランナーではないので、家計の見直しまで相談するとなったら専門家に直接話を聞いたほうが良いでしょう。

 

早めな相談をオススメします

また、こういった代理店では、直販型の店舗型保険相談程充実したアフターフォローは受けられないことがあります。
担当者が毎回変わることもありますので、あくまでも保険の見直しや新規加入について、幅広い選択肢から無料で商品を紹介してほしいというときに利用すると良いでしょう。
また、代理店は中立的な立場ではあるものの、全ての商品に対して均等に記憶しているわけではありませんので、店舗によって紹介される商品が異なる場合もあります。
これらのことも把握した上で、使い勝手の良いサービスとして活用すれば、自分の現状に即した保障のある保険を、手ごろな価格で利用することができます。
特に長年見直しをしていない人、ライフイベントがあった人などは早めに相談をして、不要な特約や保障を削ると良いでしょう。